ファイル構成

ファイル構成

http://jokerscript.jp/usage/tutorial/moji 公式チュートリアル

以下、補足説明です。わからなかったこと、気づいたことを追記するスペースです。

>>メニューにもどる。

補足説明1

playと検索した場合は一度消してください。
Assetsのフォルダを表示
pl1.JPG

■「アセット」って?
簡単に言うと、「他の人が作った、ゲームの部品」です。
Unityには自分の作ったアセットを販売できるストア(その名もアセットストア。)が組み込まれており、誰でもカンタンに利用することが出来ます。
3Dモデルやテクスチャから始まり、果てはゲームを構成するプロジェクトのサンプルやUnity本体の機能を拡張するものまで、様々なものがアセットとして提供されています。※この場合Unityに対してAssetはジョーカースクリプトとなりますね
今後Assetsのフォルダには、部品になる様々なファイルを格納していく

ファイル構成

dataファイルの構成
bgm BGM用の音楽ファイルを入れておくフォルダです。
config ゲーム全体の動作に関わる設定を行うファイルが格納されています。 タイトルの変更、バックログ、セーブデータの保存数の変更

images ゲームで使用する一般的な画像を格納します。  
  background 背景に使う画像を格納
  character キャラクター用の画像を格納
  image その他、汎用的に使用する画像の格納
  system システムで使用する画像。


prefab Unityで使用するprefabファイルです。特に編集する機会はありません。

scenario このフォルダにジョーカースクリプトを記述して、シナリオを作っていきます。

sd 3Dオブジェクトを扱う場合、こちらにデータを格納します。MMD等使用してゲームに登場させたい場合使用します。Unityのバージョンによって空のファイルは作られないので右クリックでフォルダ作成してください。

scenarioファイルの場所

ティラノスクリプトを比べると階層が深いので下記をよーくみてください。

Assets>JOKER_GAME※>Resouces>novel>data

※JOKERではなくJOKER_GAMEファイル!

data.JPG

「wide」と「tall」という2つのフォルダがあります。
wide = ヨコ型のゲーム
tall = タテ型のゲーム

それぞれお好みで使用して下さい。 ただし シナリオを飛ぶときはファイル指定を間違えないように。
@jump scene=new file=wide/titleで横画面の場合タイトル画面に飛びます。
縦画面の場合はwideをtallに変えて下さい。

引用元


メニューにもどる

  • 最終更新:2017-03-26 08:00:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード