変数関係

変数についての補足説明です。ifなどの分岐は基礎制御構文関係
長文には折りたたみを使用しています。

変数関係1 項目

  1. 変数の種類
  2. 変数の表示
  3. 変数の代入
  4. 変数の削除情報なし
  5. 変数の足し算
  6. 変数の掛け算
  7. 変数の割り算(除算)
  8. 配列情報なし
  9. 乱数
メニューに戻る。

変数の種類

【1】一時変数 tf.name
【2】ゲーム内変数 f.name
【3】システム変数 sf.your_name_3→使えるがセーブ無しの再プレイ時には消えるのでゲーム変数と変わらないようです・・
【4】システム変数  global.hensu  代入後、代入計算を消してセーブ無し再プレイすると表示された

変数の表示

【1】
スクリプト 数値、文字列の表示 実行結果
数値の表示 [emb exp="f.num=200"] 200
文字列の表示 [emb exp="f.hensu=変数だよ"] 変数だよ
【2】
スクリプト 省略形式
___ {f.hensu}
またこの記述方法はタグ内に反映させることができます。
ティラノスクリプトでいう『エンティティ』に似たことができます。(酷似ではない)

変数の代入

スクリプト 記述例
;変数に数値を代入 [calc exp="f.hensu=100"]
;変数に文字列を代入 [calc exp="f.moji=文字"]


※覚えよう!数値はcalc,文字はflag

変数の削除

ファイル消去のみ?情報求

変数の足し算

flag文字列とcalc数値が可能
スクリプト 記述例 実行結果イメージ
変数に数値を足す [calc exp="f.anser={f.suchi}+3"] f.anserに答えが入る。f.suchiが2の場合 2+3で5という答えがf.anserに入る
変数(文字)に文字列を追加する [flag exp="f.full_name=やまだ{f.name}"] f.full_nameに答えが入る。f.nameが太郎の場合、山田太郎という答えがf.full_nameに答えが入る

変数の掛け算

数値のみ(calcのみ)
スクリプト 記述例 実行結果イメージ
______ [calc exp="f.anser={f.suchi}*3"] f.anserに答えが入る。f.suchiが2の場合 2×3で6という答えがf.anserに入る

変数の割り算(除算)

数値のみ(calcのみ)
スクリプト 記述例 実行結果イメージ
______ [calc exp="f.anser={f.suchi}/3"] f.anserに答えが入る。f.suchiが6の場合 6÷3で2という答えがf.anserに入る

配列

情報なし

乱数

乱数


  • 最終更新:2016-02-06 10:30:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード