文字表示1

文字表示についての補足説明とテクニック。
長文については折り畳みを使用しています。詳細をみる をクリック!

文字表示1 項目

書けてないところは研究中
  1. はじめに 
  2. 縦書き・横書き
  3. メッセージを操作する為の基本のタグ
  4. messageframeを変更
  5. 名前を表示させる
  6. 文字の色を変更する
  7. フォントの種類の変更
  8. メッセージをサウンドノベル式にする×
  9. メッセージの早さをシナリオ内で変更する×
  10. メッセージを増やしてそれぞれを変更する×
  11. テキストを表示するティラノスクリプトでいうptext
>>項目がいっぱいになったら 文字表示2 にお願いします。
>>メニューに戻る。

提示版情報URL置き場

仮置き場

はじめに

どこを編集していいかわからない方は、はじめにファイル構成をご覧ください。
横書き「wide」と縦書き「tall」という2つのフォルダがあります。その中の
シナリオファイル(scene~)の上で右クリックをして、Reveal in Finder(windowsだと show In Exploer)を選択します。
すると、テキストファイルが開きますので 好きなエディタを使って編集してください。
(メモ帳でもOK) 文字を書けば表示されます。
文字化けしないようにユニコード保存形式は変えないように。UTF-8

縦書き・横書き

「wide」と「tall」という2つのフォルダがあります。
wide = ヨコ型のゲーム
tall = タテ型のゲーム
tateyoko.JPGそのどちらかのファイルの中の
シナリオファイル(scene~)の上で右クリックをして、Reveal in Finder(windowsだと show In Exploer)を選択します。
すると、テキストファイルの存在するフォルダが開きますので 好きなエディタを使って編集してください。
(メモ帳でもOK) 文字を書けば表示されます。

新しいシナリオファイル(例scene3.text)を作るにはこのフォルダの中に 新しいテキストファイル を作成し、シナリオ名をリネーム(例scene3)してください。ユニコード保存形式はscene1.textを参照。

メッセージを操作する為の基本のタグ

基本、これは覚えているものとして以降wik内では扱う。
[l]クリック待ち
[p]ページ送りクリック待ち有
[r]改行
[s]ストップ
[cm] ページ送りクリック待ち無し (メッセージを一度消す)
※[er]はない
; ←これは開発コメント用 ゲームでは表示しません。

messageframeを変更

Unityのオブジェクトリストの中にある
messageframeをインスペクタから手動で調整することでサイズを変更する

名前を表示させる

詳細をみる


文字の色を変える

;色を変更します。シャープはあっても無くても良いです。
[font color=#EE1919 ]
ここはが変更されたメッセージに鳴ります

[resetfont]
ここはもとのに戻って表示されます。

[fontreset]かもしれない??

選択肢のフォント色デフォルト変更
Hierarchieに持ってきて変更してもいいかも

フォントの種類の変更

教えていただきました!
font1.JPG

WEBフォントをインポートする

Joker_GAME→resouse→novel→data→prehabのフォルダ内で右クリック→インポートニューアセット→ウェブフォントを選択して同ファイル内に設置
as1.JPG

設定を変更する

☆自己責任で作り出す前にやってね

詳細をみる

メッセージをサウンドノベル式にする

メッセージの設定で変更はできても、
シナリオ内で変更はできないかな

メッセージの速度をシナリオ内で変更する

[delay speed="0.1" ]
 デフォルトは0.2です
数値を変数として{f.speed}のような形で使うことでユーザー設定として使えます。

メッセージを増やしてそれぞれを変更する

新規オブジェクトの作成が必要

テキストを表示する

ティラノスクリプトでいうptext
txt.JPG
@text_new name="test" anchor="MiddleLeft" val="テキスト内容" x=0.227 y=0.205
;テキストの表示
@text_show name="test"
;imageタグでも表示することができます
@image_show name="test"


右上に表示例
tex2.JPG
@text_new name="test1" anchor="MiddleLeft" val="テキスト内容" x=300 y=180 scal=2
;テキストの表示
@text_show name="test1"

変数の表示も可能
[flag exp="f.day =3"]
@text_new name="test1" anchor="MiddleLeft" val="{f.day}" x=300 y=180 scal=2
@text_show name="test1"
txt3.JPG

絵文字

詳細をみる


引用元

メニューにもどる

  • 最終更新:2017-03-26 08:19:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード